暗闇のほとりで

読んでいる本についてつらつら書いています

オジロマコト猫のお寺の知恩さん」9巻を読みおえる。この9巻にて完結。

ああ、終わってしまった…というさみしさと、見事にこの作品の雰囲気を湛えたまま締めくくってくれた、心配はしていなかったけれど本当に良かった、という気持ちになりながら、本を閉じた。

空気の澄んでいそうな、何気ない情景が鮮やかに描かれてゆくのを読んで、心が洗われるを何度も体験した。その読書時間はとても貴重なもの。なかなかに得難い作品だった。…源、やったな!いつかの土日で読みかえそう。『富士山さんは思春期』も読みかえそう。

猫のお寺の知恩さん(9) (ビッグコミックス)

 

井上小春死神坊ちゃんと黒メイド」4巻を読みおえる。アリスはいつも魅力的、坊ちゃんはようよう前へと動き出している。そろそろ1巻から読みかえして、関係性を読み込もう。

死神坊ちゃんと黒メイド(4) (サンデーうぇぶりコミックス)

 

 

庄司薫『バクの飼い主めざして』を236ページまで読みすすめる。

 

 ○書店へ行って去年の買いそびれや勉強用の書籍を購入する。石川宗生『半分世界』を立ち読みするのを忘れた…次に行く時に立ち読みして、感触を確かめよう。