暗闇のほとりで

読んでいる本についてつらつら書いています

読書状況

○夏休み中。その休みに入る前から、長編小説が読めなくなり、どうしたもんかと思い、積読棚から芥川龍之介『蜘蛛の糸・杜子春』を取り出し、1日2編ずつくらいのペースで読みすすめる。

夏のこの時期に読むと、学生の頃の読書感想文のために読んでいるかのようで、また懐かしい。芥川龍之介の作品を読むのも、グループ学習で集中的に読解をした中学生以来か…過不足ない短編の切れ味をまだ感じ取れるようだ。

小学生の時に模試で読んで、清冽な印象を受けた「トロッコ」は、読書体験の根っこの一つで、今読むとどういう感慨を持つだろう。子供から大人への視点の鮮やかな切り替えが、記憶は象られて思い返される、その思い返しで意味を見出すことが大人になることなのかと教えてくれたというか。読むのが楽しみだ。

 

吉野朔実吉野朔実は本が大好き」を読みすすめる。現在「弟の家には本棚がない」の途中。文庫で「お父さんは時代小説が大好き」「お母さんは「赤毛のアン」が大好き」を読んでいたので、ここからは未読の領域。

読みすすめてつくづく、俺はモノと本を知らねえなあ…と思う。モノは生まれてこの方ずっとそうで、これからも周りに目や耳を向けて取り込んでいくにせよ、本は、知らず知らずでの自分の中の縛りがあって読んできたんだなと、この本で取り上げられている幅広い本にまつわるエッセイから差を感じ取る。縛りは、小説以外の本もぽつぽつ読んでいるけれど、文庫で小説を読むことからあまり外れないところ。

書店の本棚を見て回ったり、読んだ本の感想を集い合わせて視野を磨いたりという、自分の外から異質なものへ当たって内に取り込み様々な形で昇華するエッセイを読んで、良い出会いを読んでいるという感触になって、思いが定着してゆく。もうちょい書店へ行ったり、他の人の感想を読もう、とそれは小説を読み出した高校生の頃に夢中で行っていたことだったな。その気持ちがまた起こりつつ、おもしろそうな本があれば読んでみたく、ページをめくる。そして自分で感想を書く。読みかえす。新しい本を読む。読書のサイクルはつづく。

 

 

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

 
吉野朔実は本が大好き (吉野朔実劇場 ALL IN ONE)

吉野朔実は本が大好き (吉野朔実劇場 ALL IN ONE)

 

 

広告を非表示にする