暗闇のほとりで

読んでいる本についてつらつら書いています

雑記


 今日はなんだかいろいろあった。本当にいろいろ、社交辞令を鵜呑みにしないくらいの頭はあるにせよ、手を繰り出さなければ先は無く…経験がものを言うんだなやっぱり。

 団鬼六真剣師 小池重明真剣師小池重明 (幻冬舎アウトロー文庫)を読みはじめる。おもしろいノンフィクション-というか評伝-が読めることのよろこびを噛み締めながら、ページをめくっていく。流浪、転々たる生活の様に、どうしようもねえ人だなあと思うも、目が離せない気持ちを追憶する不思議こそ、人を魅せる才能なのかと考える。読みおえたくないな……さて、つづきを読もう。

広告を非表示にする