暗闇のほとりで

読んでいる本についてつらつら書いています

雑記


 寒波襲来の中で散髪へ行き、帰り道にラーメンをたらふく食べて満足感に浸ったあとにもうあんな量を食べることはしなくていいなと実感しつつ、競馬を観たり昼寝をしたり金井美恵子『遊興一匹 迷い猫あずかってます』を読みすすめたりして、休日を過ごす。明日からまた仕事、そしてまた小説を読めるように向かって行きたいな。

 アニメは「かみさまみならい ヒミツのここたま」「この素晴らしい世界に祝福を!」の1話を観る。どちらも観ていて良い具合に肩の力が抜けて笑えるアニメで、この後も視聴できそう。「このすば」では、「知力が低い」と何度か言われても特に気せず他に秀でた能力について賞賛されることに鼻高々な女神というキャラがなんだか良いのだ。冒険の前の労働に明け暮れる様、夜を越えて生活レベルが徐々に改善されていく所がツボを抑えていて好ましく、今後も楽しみ!

広告を非表示にする