暗闇のほとりで

読んでいる本についてつらつら書いています


 ここ一週間で丸川トモヒロ成恵の世界」を1巻から読みかえしている。
 完結巻を含む12・13巻をいよいよ読むべく始めから手に取っているが、おもしろさが今ここでも放たれていて、10年以上前から良いものを読んでいたんだな、と実感する。
 アニメを機に読み出した1〜5巻と最新刊が出る度に読んでいた6巻以降との付き合いの深さは如実にあり、前者の思い出に強くひたれる分、読みかえす手はここ数年鈍っていたけれど、いざ手に取りページをめくり出すと、おもしろさがぎゅうぎゅうに詰まったイメージの奔流に身を任せているのだった。ああそんなこともあったっけねえと記憶を探りながら、このほのぼのSFラブコメに没入するこの感覚がとても好きだ。
 そして永岡さんの笑顔に相も変わらずやられてしまうのさ。かわいい、としみじみ。