暗闇のほとりで

読んでいる本についてつらつら書いています

雑感


 いろいろ回り道をしてめん次郎でうどんを食べていい気持ちになったものの体がぽかぽかとなって熱さがしばらく抜けなくなったことにまた冬を感じる。もう冬だっていうのに汗をかく。


 太宰治『晩年』より「思い出」を少し読みすすめたり、尾瀬あきらどうらく息子」1巻をkindleで読みすすめて続きを読む覚悟がついたり、梶尾真治×鶴田謙二「續 さすらいエマノン」を開いて一気に漫画の世界へ没入しそうになるのをもったいなくとどめたり、ああ楽しい。

広告を非表示にする