暗闇のほとりで

読んでいる本についてつらつら書いています

雑感


 大江健三郎『われらの時代』を読みおえる。長い時間をかけて読んでいくであろう著者の作品を追って、この作品のラストで放たれているメッセージの変遷を辿りたい。生きることへの回心が自慰的な若さによる考えだけではないことを祈って。

われらの時代 (新潮文庫)

われらの時代 (新潮文庫)

広告を非表示にする