暗闇のほとりで

読んでいる本についてつらつら書いています

バニーガールでしたか


 榎戸洋司フリクリ』3巻フリクリ〈3〉 (角川スニーカー文庫)を「ブラブレ」から「フリクラ」へと読みすすめ、F4U怪獣のテイル」1巻怪獣のテイル 1 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)を半分くらいまで読む。
 『フリクリ』は各々の初恋が終わるとき、といった感じになってきた。格好の代用品であり、踏み台であったかも知れず、意気揚々と乗り込んでいたのに自身は流れ弾であったという事実は確実に残るも、それはそれですごいという評価を認めることが今はできず、現在の関係性から脱却を試みることも未だかなわずその場を去るばかり……。あとは本心をぶつける機会を見つけるのみか。お別れのときは近い。
 「怪獣のテイル」はテイルがひたすらかわいすぎてたまらん……!グズったときが特にかわいいっ!