暗闇のほとりで

読んでいる本についてつらつら書いています

慧眼がここに


 榎戸洋司フリクリ』2巻フリクリ〈2〉 (角川スニーカー文庫)を読みおえ、引き続き3巻フリクリ〈3〉 (角川スニーカー文庫)を読みはじめる。
 2巻にある鶴巻和哉の解説は、いい意味で、ひどかったあ……。曖昧なことを読み解いていこうとする姿勢は、さて、俺にはあるのだろうか……ある気はするけれど、展開にただただ乗ってどこかへと流れていっているな。それからでも良いのかもしれない。さあ、最終巻だ。

広告を非表示にする