暗闇のほとりで

読んでいる本についてつらつら書いています

目が覚めた気がした午前


 運動しながら、「コードギアス 反逆のルルーシュR2」第14・15話を観る。新局面へと向かう……のか? もう何がなにやら……混沌の中、目標を果たそうとして手段を選ばない者と、問うてしまう者とに分かれるのは伝わった。すべてが出揃って、対峙するのはいつ、どのような場所で、誰がそばにいるのか、ということを想像しながら、この先へ。




 神林長平『七胴落とし』七胴落とし (ハヤカワ文庫 JA 167)を162ページまで読む。やはり心に突き刺さるな、"早く大人になってね"という台詞には。