暗闇のほとりで

読んでいる本についてつらつら書いています

逆関節

 特に何の情報も知らずカバーイラストが結構好きというだけで借りてきた「姫様ご用心」1巻姫様ご用心 1 [DVD]を観たあと、えらく微妙な印象を抱いてしばらくもやもやしていたのだけれど(次回予告はおもしろいと思う)、積んでいたマンガの中から取り出してきたかかし朝浩「かかし朝浩作品集 ロングロングウェイホーム」のぎゅうぎゅうに詰まったオタクネタへの清々しさも感じられるいじりにげらげら笑ったりうーんそうなんだろうなあとピリピリ来る感覚に共振しながら読み終えたら、読み始める前にあったもやもやがさっぱりと消えていて、ああこりゃ善いギャグマンガを読んだわとその時間を噛み締める気持ちになるのだった。こういうしっくりとくる感触を抱いたのはなんだか久しぶりだなあ。エロゲーを扱っての、ベッタベタでたまらないけれどもどかしさは全然ないという状況が端的に提示されたりしている「約束の地」がなんかえらく好きです。見ていて実に暑苦しいボケ役と、飽くなきベタへのツッコミが冴えているのが善いですなあ。そして「ロングウェイホーム」「ロングロングウェイホーム」の締めくくりにおおーっこうくるかーとおどろき、それでこそ、と思うのでした。みやげの笑顔はかわいいなあ。
 夜に「かみちゅ!」6巻かみちゅ! 6 [DVD]を観る。ところどころでけらけらと笑ったり、家出をしたふたりの序盤の様子に面映くなりつつもやっぱり素直に笑ってはその行方を見つめる気持ちになれたりして、この巻もとても善かったです。えらく仰々しい購買部のシーンは変にいたたまれなくてなかなかに好みであります。次のお話はクリスマスか……。

広告を非表示にする