暗闇のほとりで

読んでいる本についてつらつら書いています

ウスターかタルタルか

 久しぶりに本屋へ寄って、いろいろと新刊を眺める。熊倉隆敏もっけ」6巻や岡本一広トランスルーセント―彼女は半透明」5巻が見当たらなかったことを残念に思いつつうろうろと店内を回っていたら、岡田剛『準回収士ルシア―世界は美しく、人の心は醜い。』が並んでいるのを見つけて、ちょっとおどろく。始終しっかりとした筆致で小説が展開していくのが大変善かった『ゴスペラー―湖底の群霊』の人の新刊か……ということであらすじも帯の裏もあまり読まずに購入。あー、読むのがすげー楽しみ。サブタイトルがまたまあ……いや善いですな。

 西尾維新化物語』上巻を読み進める。あとちょっとで読了で、下巻の発売日には間に合いそう。つづきを、というかあの軽妙で跳ねるような、応酬の激しい会話で紡がれるものをもっともっと読みたい。

準回収士ルシア―世界は美しく、人の心は醜い。 (トクマ・ノベルズEdge)

準回収士ルシア―世界は美しく、人の心は醜い。 (トクマ・ノベルズEdge)