暗闇のほとりで

読んでいる本についてつらつら書いています

ミステリーハンターに逆らうなよ

 久しぶりにミステリを読みたくなったので、山口雅也キッド・ピストルズの妄想』を読み始める。が、最後の一行へ辿り着くまでの段落がえらく格好良い「序にかえて パラレル英国の概説」を読んだだけで異様に満足してしまって、そこからあまり先に進めず。明日はがしがし読もう。
 前々からネットや店頭で見かけては気になっていたkashmir○本の住人」1巻○本の住人 (1) (まんがタイムKRコミックス)を本屋で買ってきて、飯を食ったりなどしながら読み終える。うーん、何かとても善いなあ、このマンガ。ところどころで現れるひんやりとした暗さのあるネタとその反応がたまらんというか、ツッコミ役に回っているキャラたちが妙に健気なのでたまに話が放しっぱなしにならずに済んでいて安心するのが快いというか。ネコ耳にくらくらになったりさなえワープが炸裂する学校のプールでの話が一番好きです。ということで当たりでありました。