暗闇のほとりで

読んでいる本についてつらつら書いています

2010-04-23から1日間の記事一覧

頭突き3回

真夜中に杉井光『さよならピアノソナタ2』を読み終える。この巻は、物語に於いての起承転結の承に当たるような印象を受けた。終り方が特にそうで、読んでいるこちらも、次のドアのノブを開けてどんな情景にふれることになるのかを楽しみにするのだった。"ぼ…