暗闇のほとりで

読んでいる本についてつらつら書いています

読書状況

○夏休み中。その休みに入る前から、長編小説が読めなくなり、どうしたもんかと思い、積読棚から芥川龍之介『蜘蛛の糸・杜子春』を取り出し、1日2編ずつくらいのペースで読みすすめる。

夏のこの時期に読むと、学生の頃の読書感想文のために読んでいるかのようで、また懐かしい。芥川龍之介の作品を読むのも、グループ学習で集中的に読解をした中学生以来か…過不足ない短編の切れ味をまだ感じ取れるようだ。

小学生の時に模試で読んで、清冽な印象を受けた「トロッコ」は、読書体験の根っこの一つで、今読むとどういう感慨を持つだろう。子供から大人への視点の鮮やかな切り替えが、記憶は象られて思い返される、その思い返しで意味を見出すことが大人になることなのかと教えてくれたというか。読むのが楽しみだ。

 

吉野朔実吉野朔実は本が大好き」を読みすすめる。現在「弟の家には本棚がない」の途中。文庫で「お父さんは時代小説が大好き」「お母さんは「赤毛のアン」が大好き」を読んでいたので、ここからは未読の領域。

読みすすめてつくづく、俺はモノと本を知らねえなあ…と思う。モノは生まれてこの方ずっとそうで、これからも周りに目や耳を向けて取り込んでいくにせよ、本は、知らず知らずでの自分の中の縛りがあって読んできたんだなと、この本で取り上げられている幅広い本にまつわるエッセイから差を感じ取る。縛りは、小説以外の本もぽつぽつ読んでいるけれど、文庫で小説を読むことからあまり外れないところ。

書店の本棚を見て回ったり、読んだ本の感想を集い合わせて視野を磨いたりという、自分の外から異質なものへ当たって内に取り込み様々な形で昇華するエッセイを読んで、良い出会いを読んでいるという感触になって、思いが定着してゆく。もうちょい書店へ行ったり、他の人の感想を読もう、とそれは小説を読み出した高校生の頃に夢中で行っていたことだったな。その気持ちがまた起こりつつ、おもしろそうな本があれば読んでみたく、ページをめくる。そして自分で感想を書く。読みかえす。新しい本を読む。読書のサイクルはつづく。

 

 

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

 
吉野朔実は本が大好き (吉野朔実劇場 ALL IN ONE)

吉野朔実は本が大好き (吉野朔実劇場 ALL IN ONE)

 

 

広告を非表示にする

ブログ移行

はてなダイアリーからはてなブログへ移行した。

使い方は、おいおい慣れていく…だろう。

 

小説が読めないモードに入ったので、佐藤正午『小説の読み書き』を読みおえたり、吉野朔実吉野朔実は本が大好き」( とてもいいタイトルだな )をちびちびと読みすすめたり。読書の夏はまだつづきます。

広告を非表示にする

読書状況

読書関連で考えていることをつらつらと書き出す。書いてあることは総体として「読書についてあれこれ考えることは楽しい」ということなのだと思います。


iPad 12.9インチが来て約1週間、マンガの読書環境が非常に快適。
nexus7で1ページ順繰りで読んでいた時に思っていた、紙で読んでいるような、見開きをばーんと読みたい欲がすっかり満たされている。
一長一短はあって、小説やエッセイなどの活字を読むには画面が大きすぎて、これらはnexus7で読むのが合っている。ただ、活字をタブレットで読みすすめるのが個人的にいまいち捗らないのはなんでだろうかとも度々考える。読み慣れていないからか、多かれ少なかれ、紙の厚みがないと読書の雰囲気が出ないからか、などなど。読んでいる時間に比例して頭も慣れていくのかなと思いつつ、活字に関しては、紙から電子書籍への切り替えはまだ先のことのようだ。
マンガは、前から紙で購入しているものは継続して紙で購入、新規は主にkindkeで購入、で切り替えが行われている。kindleでの購入比率が紙より上回っているかもしれない。kindleで読んで、これは紙でも読みたい!という作品( ※ )はあって、そういう出会いは( 出費は多くなるけれど )作品を複数の形式でより楽しめることになって、より作品が印象的になっていくのだった。縁がある出会いは多いほど良いな。
オジロマコト富士山さんは思春期富士山さんは思春期 : 1 (アクションコミックス)富士山さんは思春期(8) (アクションコミックス)オダトモヒト古見さんは、コミュ症です。古見さんは、コミュ症です。(1) (少年サンデーコミックス)古見さんは、コミュ症です。 5 (少年サンデーコミックス)、おにお「熊西美術部らふすけ先輩」熊西美術部らふすけ先輩(1) (週刊少年マガジンコミックス)など。


○本棚に読みおえた文庫本を置くスペースがいよいよ尽きようとしている。
新しい本棚の追加とスペースの確保を検討しなければ、という考えと、メインの本棚に重きを置いて、他はカラーボックスで保管して適宜入れ替えしていく、という考えがぐるぐる回っていて結論がなかなかつかない。目の届く範囲での本に囲まれる生活をどう実現するかは、ずっと更新されていくようだ。kindle積読本を含めると、目の届く範囲はどこまで広がっていくのか…そして、積読本が 0 になるのはいつの日か。


能條純一翔丸」2,3巻翔丸(2) (モーニングコミックス)翔丸(3) (モーニングコミックス)は本当このタブレット買い替えのタイミングで読んで良かった。「翔丸組はヤワじゃねえ」有無を言わせない展開、作画の力を、しかと見た。


飛浩隆『グラン・ヴァカンス』を読みはじめる。読んでいて、この性に合った印象はどこかで抱いたことがあるような、と思いをめぐらし、ああ森博嗣の文体だ、と合点がつく。今はすっかり森博嗣の作品を読んでいないので、読んでいた頃のイメージに近しいけれど、エッジが効いて、対象への距離感を持って読むというか眺めるというか、この読書の感覚は久しぶりだな。この夏の一冊になるのではないかと思う。

広告を非表示にする

読書状況

やたら読書が捗った1ヶ月だった。
何が要因で捗ったか、それは冲方丁テスタメントシュピーゲル3』下巻テスタメントシュピーゲル3 下 (角川スニーカー文庫)を読んだことにあるだろう。
いよいよ刊行され、一節毎の威力に休み休みしながら読み、どんどんと物語の最後を見届ける気持ちに包まれた後に、締めの一文を目にして、確かに終わった、物語が昇華されていった、という心境になり、そこから、またいろんな本を読んで物語や考えを取り込んでいこうという状態に流れていったのだった。
今微笑ましく思える面影は雛と水無月のタッグ( カップル? )だけれど、作品を思いかえす度に他のキャラたちがぐいぐいやって来ては移りゆくだろう。
一遍読むだけで抑えるには魅力を充分に噛み締められていないので、『オイレンシュピーゲル』からゆっくりと読みかえす。



熊之股鍵次魔王城でおやすみ」1〜4巻魔王城でおやすみ(1) (少年サンデーコミックス)魔王城でおやすみ(2) (少年サンデーコミックス)魔王城でおやすみ(3) (少年サンデーコミックス)魔王城でおやすみ(4) (少年サンデーコミックス)は、魔王城に囚われている幼き姫が心地よい睡眠をめぐって、魔王城で傍若無人に無双する睡眠コメディマンガで、良き睡眠を獲得するためにDIY精神に溢れ、そのための術に容赦がない姫の様子が、子供の屈託のなさをどんどん描き出しているように思えて、姫にはどうかこのまま突っ走ってほしいと願うばかり。
あと、姫のビジュアルも多少あるかと思うけれど、自分が行いたいことをどのように実現するかを、論理的に組み立てて目指していくこのマンガを読んでいて、川原泉の作品を思い出したりもした。そちらも読みかえしたい。



小島信夫『アメリカン・スクール』アメリカン・スクール (新潮文庫)を読みおえた。
去年の夏に同作者の『美濃』を読みおえてからちびちび読みすすめていたので、約1年かけて読んだことになる。気の長い読書だ。
そのなかから直近で読みおえたもので、「馬」、あんたいろんなことを気にしすぎだよ、そりゃ気になることばかりばんばん起きているけども、と知らぬ間に家へ馬小屋が増築されていくという混沌を拓く主人公の様へツッコミながらの読書はとても笑いに満ちていて、気の毒な事象を拓くためにぐるぐる走り回る主人公は存在感がある。妙な頼もしさ。そして締めでの力強い着地。
著者のなんという腕力に翻弄されっぱなしでくらくらしつつ、冒頭を読みかえすと、あんな躍動感のある小説の始め方、ありなのか、と思わせる( 最初読んだ時は特に気に留めなかったのがまた不思議だ )…もちろんありなのだ。小説を読む喜びのひとつが「馬」に、そして他の短編にも詰まっていた!
引用するなら全文引用になるよな、という総体のおもしろさ、本当にすごい小説ばっかりで、時間をかけてでも、最後まで読んで良かった。
この周囲のなかで自分は自分を律さねばならない、忍耐を持って、という一種の息苦しさにもがくなかで、おそろしくきらきらした風景がいきなり現れるのにもやられる。
「燕京大学部隊」「星」「微笑」「アメリカン・スクール」、情景を想像する楽しさを味わっていたのだ。



○夏も真っ盛りで部屋のクーラーをつける日が多くなってきた。年々暑さに弱くなってきて、いろんな飲料をがぶがぶ飲んでは燃費の悪さを思い知る日々。
ざーっと積読本の棚で入れ替えを行っている時に出てきた飛浩隆『グラン・ヴァカンス』グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)を眺めて、そろそろ読めるかもしれない、という気運が高まる。
今年の夏の一冊となるのかな。


○12.9インチのiPadを横向きにしての読書( 特にマンガ )がなんとも快適で、見開きページがはっきりくっきり読めて嬉しい。 これでkindle積読本の消化も進む…はず。
4年使用したnexus7は、普段使いではお役御免で、風呂場での動画再生が主になるだろう。ここまでがんばってくれました。




○前回更新( 6月26日 )から今日までに読んだ本を列挙する。25冊、来月もそれくらい読めるといいな。

・吉田丸悠「大上さん、だだ漏れです。」1巻
オジロマコト「猫のお寺の知恩さん」4巻
三浦靖冬薄花少女」4巻
冲方丁テスタメントシュピーゲル3』下巻
冲方丁天地明察』上巻
雨隠ギド甘々と稲妻」9巻
熊之股鍵次魔王城でおやすみ」1〜4巻
うさくん「マコちゃん絵日記」4巻
諸星大二郎「ぼくとフリオと校庭で」
クール教信者「おじょじょじょ」4巻
橋本治「'89」下巻
オダトモヒト古見さんは、コミュ症です。」5巻
能條純一翔丸」1巻
赤坂アカかぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」6巻
施川ユウキ「ヨルとネル」
蒼山サグ + 水谷悠珠「天使の3P!」1巻
金井美恵子『道化師の恋』
古井由吉『小説家の帰還 古井由吉対談集』
小島信夫『アメリカン・スクール』
・加納李衣「スローモーションをもう一度」4巻
・ねこぐち「天野めぐみはスキだらけ!」7巻
佐藤正午『豚を盗む』

広告を非表示にする

読書状況

いろいろな状況を更新して記載したいところである。

前回の更新から読んだものでインパクトが大きかったのは諸星大二郎の作品で、読む契機となった「BOX 〜箱の中に何かいる〜」1〜2巻BOX~箱の中に何かいる~(1) (モーニング KC)BOX~箱の中に何かいる~(2) (モーニング KC)のサスペンスと時折肩を外させるくすぐりにどんどん先が気になり、つづきが楽しみ。
その後に読んだ「新装版 栞と紙魚子」全4巻新装版 栞と紙魚子1 (Nemuki+コミックス)新装版 栞と紙魚子2 (Nemuki+コミックス)新装版 栞と紙魚子3 (Nemuki+コミックス)新装版 栞と紙魚子4 (Nemuki+コミックス)での、作品のトーンたる奇怪、ホラーさが話を重ねるに連れて、ドタバタととぼけっぷりへの磨きがかかってホラーコメディ( だと思う )となり、息抜きに読むマンガとして重宝すること間違い無し( 実際にそう! )で、読んで良かった。他の作品も読んでいこう。

高田里穂「スタンドバイミー ラブレター」スタンドバイミー・ラブレター (マーガレットコミックス)での、恋情に気づいて互いに相手へ近づいていく様は初々しいにも程があって、おっさんがキュンキュンしながら読んだのはいい思い出。もっと少女マンガを読まなければ。

おにお「熊西美術部らふすけ先輩」1巻熊西美術部らふすけ先輩(1) (週刊少年マガジンコミックス)の、スケッチされる側である先輩のかわいさはガチ。描かれることに意識的になってゆくことが、より描く側にどう見られて、描く側の力となれるかが分かり、そこがとてもかわいいのだった。何度も告白しているようなもんだよな。

林俊彦「ぱすてる」44巻ぱすてる(44)<完> (講談社コミックス)、これにて完結。告白が成就してからの10年の連載期間はなんだったんだろう…という思いはあるけれど、最終話ではこの作者のマンガを読んでいて良かった、と思えるシーンが幾つもあり、ラストページを見て、ああこの作品は無事に終わったんだなと思えたので、つまり、良いマンガでした。次回作を楽しみにしております。

小説は金井美恵子『道化師の恋』を読みすすめ中。内容とは何も関係ないけれど、まとまった時間を取って小説を読むことはとても貴重で、行動に移すまでが難しいなとこの頃はつくづく感じる。ネットをだらだらと見すぎなのを制御して、読みたいものに当たってゆきたい。

広告を非表示にする

読書状況

まとまった休暇の中で、今年の現時点での読書を振り返っておく。出力もたまには行わないと、頭の詰まった感が解消されないな。

小説は谷崎潤一郎細雪』を読んだ満足感で今年を過ごせそうで、他のものをなかなか読みすすめられない。今年はもうそれでいいやと思い、ぼちぼちと小説の読書に戻られるよう、積読棚の背表紙を眺める日々。
金井美恵子の小説を読みすすめるのが、当面の楽しみだな。

マンガは峰浪りょう初恋ゾンビ初恋ゾンビ 1 (少年サンデーコミックス)初恋ゾンビ 2 (少年サンデーコミックス)初恋ゾンビ 3 (少年サンデーコミックス)初恋ゾンビ 4 (少年サンデーコミックス)初恋ゾンビ 5 (少年サンデーコミックス)初恋ゾンビ 6 (少年サンデーコミックス)が収穫で、指宿くんが己の秘密を明かすまでの猶予がいよいよ短くなってゆく中、三 - 四角関係がどのように変えていくか、つづきがとても楽しみな作品だ。イヴの行く末を2人がどう考えているか、だな…。
加納梨衣「スローモーションをもう一度」スローモーションをもう一度 1 (ビッグコミックス)スローモーションをもう一度 2 (ビッグコミックス)スローモーションをもう一度 3 (ビッグコミックス)での若さが弾ける甘酸っぱさやまぶしさにおっさんは目を細めるばかり、こういう作品に出会うのもまた良いものだな。この人のために何かをしてあげたい、その過程と思いが通じ合った時の嬉しさが、読んでいてニマニマするのだ。こちらもつづきが大変楽しみ。


休暇はまだあるので、今日も今日とて読書に励もう。休みの日に行いたいことは思う存分の睡眠と読書のようだ。連休の初めに山本崇一朗からかい上手の高木さん」1〜5巻を読みかえしたので、橋本治『'89』上巻の読みすすめや、冬目景イエスタデイをうたって」の読みかえしを進めたいところ。日曜日は本屋に行って、次に読むマンガを見繕おう。


以下に今年の現時点で読みおえた本を記載しておく。小説は今年10冊読めたらええかな…もうちょい読むか。



【 小説 】
読了 : 6冊
谷崎潤一郎細雪』上中下巻
・前野ひろみち『ランボー怒りの改新』
金井美恵子『文章教室』『タマや』


【 書籍 】
読了 : 2冊
佐藤正午『side B』『ありのすさび』


【 マンガ 】
読了 : 47冊
芦奈野ひとし「コトノハドライブ」3巻
雨隠ギド甘々と稲妻」8巻
赤坂アカかぐや様は告らせたい 天才たちの頭脳戦」4, 5巻
押切蓮介ハイスコアガール」7巻
大沖「わくわくろっこモーション」3巻
・カツヲ「ひとりぼっちの○○生活」3巻
山本崇一朗からかい上手の高木さん」5巻
kashmir「ななかさんの印税生活入門」1巻
オジロマコト「猫のお寺の知恩さん」3巻
・むんこ「だから美代子です」3巻
吾妻ひでお「銀河放浪」2巻
オダトモヒト古見さんは、コミュ症です。」3巻
・ねこぐち「天野めぐみはスキだらけ!」1〜5巻
峰浪りょう初恋ゾンビ」1〜6巻
竹岡葉月 + Tiv「政宗くんのリベンジ」0〜8巻
黒田bbAチャンネル」8巻
望月峯太郎ドラゴンヘッド」1巻
小田扉団地ともお」29巻
・アズ「手品先輩」3巻
・珈琲「のぼる小寺さん」全4巻
冬目景「空電ノイズの姫君」1巻
・加納梨衣「スローモーションをもう一度」1〜3巻
うさくん「マコちゃん絵日記」1, 2巻

広告を非表示にする

今年もいろいろと読んだり観たりしたので、印象に残ったものを列記しておく。

→過去の振り返り。2015年 / 2014年 / 2013年 / 2012年 / 2011年 / 2010年

【 小説 】

読了冊数 : 15冊

野坂昭如エロ事師たちエロ事師たち (新潮文庫)
佐藤正午『永遠の1/2』永遠の1/2 (集英社文庫)
伊井直行『さして重要でない一日』さして重要でない一日 (講談社文庫)さして重要でない一日 (講談社文芸文庫)
小島信夫『美濃』美濃 (講談社文芸文庫)
打海文三『時には懺悔を』時には懺悔を (角川文庫)
冲方丁テスタメントシュピーゲル3』上巻テスタメントシュピーゲル3 上 (角川スニーカー文庫)

小島信夫『美濃』の読書体験がものすごすぎて、これこそが小説なんじゃないか…!?と盲目的な考えになった時があったほど。小説なのか身辺雑記なのか親愛なる人へ宛てた長いながい手紙なのか……何年か過ぎたら、また読みかえして、この『美濃』というとてつもない作品に打ちのめされたい。
野坂昭如エロ事師たち』のラストでの小説が去っていく呆然とした感、佐藤正午『永遠の1/2』の微かな違和を積み重ねる様が淡々と描く手つきの良さ、伊井直行『さして重要でない一日』の表題作でもっとつづきを読みたいと思った気持ち、打海文三『時には懺悔を』でのモチーフへの真摯なアプローチ、冲方丁テスタメントシュピーゲル3』上巻の読む者をクライマックスへ叩き込む圧倒的なグルーヴ……、小説を読んでいて良かったなと思う時がいくつもあって、また来年も、それを得たいので、読んでいこう。


【 書籍 】

読了冊数 : 17冊

中原昌也中原昌也の人生相談 悩んでるうちが花なのよ党宣言』中原昌也の人生相談 悩んでるうちが花なのよ党宣言
団鬼六真剣師 小池重明真剣師小池重明 (幻冬舎アウトロー文庫)
磯崎憲一郎 / 保坂和志 / 横尾忠則『アトリエ会議』アトリエ会議
倉田英之『倉本 倉田の蔵出し』倉本 倉田の蔵出し
伊井直行『会社員とは何者か? 会社員小説をめぐって』会社員とは何者か? 会社員小説をめぐって
若林正恭『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)

磯崎憲一郎 / 保坂和志 / 横尾忠則『アトリエ会議』での取り留めのない会話のなかからひょいと真理が投げ込まれる様がスリリングで、この構えがない( ように思える )会話をもっともっと読みたい。そして、何度も読みかえしている。


【 マンガ 】

読了冊数 : 87冊

赤坂アカかぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」1〜3巻かぐや様は告らせたい 1 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)かぐや様は告らせたい 2 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)かぐや様は告らせたい 3 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)
水木しげる「総員玉砕せよ!」総員玉砕せよ! (講談社文庫)
・縁山「それでもめる子」それでもめる子 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
オダトモヒト古見さんは、コミュ症です。」1〜2巻古見さんは、コミュ症です。 1 (少年サンデーコミックス)古見さんは、コミュ症です。 2 (少年サンデーコミックス)
弐瓶勉BIOMEGA」全6巻BIOMEGA 1 (ヤングジャンプコミックス)BIOMEGA 2 (ヤングジャンプコミックス)BIOMEGA 3 (ヤングジャンプコミックス)BIOMEGA 4 (ヤングジャンプコミックス)BIOMEGA 5 (ヤングジャンプコミックス)BIOMEGA 6 (ヤングジャンプコミックス)
ストロマ「スターマイン」7巻スターマイン: 7 (4コマKINGSぱれっとコミックス)
オジロマコト「猫のお寺の知恩さん」1〜2巻猫のお寺の知恩さん(1) (ビッグコミックス)猫のお寺の知恩さん(2) (ビッグコミックス)
saxyun「超常探偵X」1巻超常探偵X 1 (電撃コミックスNEXT)
ニイマルユウ「春までは」
幾花にいろ「視野」「寄辺」

赤坂アカかぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」は久々に新刊が待ち遠しく感じるマンガで、出会えて良かった。サブタイトルは今のところ大仰というか飾りみたいな感じだけれど、果たして輝く時はあるのか。
幾花にいろエロマンガを読むことが今一番のしあわせかもしれんな。「快楽天」での10月末発売掲載の「視野」、最新号掲載の「寄辺」の、エロいことをやる導入から締めまでの説得力がマンガから充分に伝わってきて、この作者のマンガを読んでいきたい気持ちが強くなるのだった。好きなことはやりてーからやってんだよなー。そこを言葉に、マンガに表現できる人はこの上なく頼もしいのです。


【 アニメ 】
・「田中くんはいつもけだるげ田中くんはいつもけだるげ 1 (特装限定版) [Blu-ray]
・「あんハピ♪あんハピ♪ 第1巻 [Blu-ray]
・「ばくおん!!」ばくおん! !  第1巻(初回限定版)(イベントチケット優先販売抽選申込券封入) [Blu-ray]
・「GJ部GJ 部 Vol.1 [Blu-ray]
・「三者三様」三者三葉 Vol.1(初回生産限定版)(イベントチケット優先販売申込み券付き) [Blu-ray]
・「ステラのまほうステラのまほう 第1巻( イベントチケット優先販売申込券&抽選会参加券付 ) [Blu-ray]

レコーダー等でよく観返した作品を挙げた。「田中くんはいつもけだるげ」と「GJ部」は朝出かける前の準備の時につけっぱなしにしていて、とても重宝している。2期があると良いなあ。


○まとめ
読んだもの、観たものの数は年々減っていることを、一年の振り返りの度に意識する。が、意識的にその数を増やすことはもうせず、一作一作に当たって何を思ったか、という考えを深める方に行っているともまた思う。いろんなものに多く出会いたい気持ちはずっと持ちつつ、それでいいのだと。そんなわけで何年もの宿題になっている舞城王太郎ディスコ探偵水曜日』とガルシア・マルケス百年の孤独』を読みはじめることが、来年の目標にしておこう。
生きているといろいろなことがあるけれど、今年も本当にそうだった。健康であること、徐々に衰退していくことに向き合う、寄り添うこと……来年もしっかり生きよう。それを支えてくれることの一面に、小説やマンガを読むこと、アニメを観ることにある。……これから何を読もうかな。良いお年を。